プラスでもマイナスでもなくゼロ思考・零式思案

 
0という考え方。
 

スポンサーリンク

Future is hope,maybe.
デルロットです。

うつの世界を
さまよってる間に、
ひとつの考え方を
思いつきました。

一昔前にプラス思考、
マイナス思考という
考え方がブームみたいに
なりました。

ようはネガティブより
ポジティブに生きよう、
ということだと思います。

これは僕も反論する
余地はないです。
プラス思考で
楽しいほうがいいに
決まってます。

とは言え統合失調症の
僕にとって、
プラス思考はものすごく
疲れます。だいいち、
年がら年中ポジティブで
いられるはずがない。

イヤなことがあったら
誰でも落ち込みます。

かと言ってマイナス思考が
いいとは言えない。でも、
マイナス思考で慎重に
なって上手くいくことも
あるかもしれない。

プラスにしても
マイナスにしても
過剰だとデメリットがある。

タイトルを読んで
勘のいい人なら
僕の次に言いたいことは
分かると思います。

プラスでもマイナスでもない、
その中間、ゼロ思考
という考え方。

零です。ZEROです。B’zです。

ゼロ思考と言っても
何も考えないわけじゃなく、
ムリに明るくしなくてもいい、
自然体で気持ちの上下を
おさえる。

例えるなら折れ線グラフで
上がったり下がったりするけど
その中間あたりを
ふだんの状態にする感じです。

特に精神疾患のひとは
この状態をたもつのは
かなり楽になるかと
思います。

僕はこの考えで
ずいぶん楽になった
気がします。

以前は気持ちが上がった
状態をどう維持するか、と
考えてました。

あえてネット検索は
してないけど、たぶん
似たような考えは
いっぱいあるんでしょうね。
禅とかもそうかなあ?

ゼロでいいんですよ。
ムリしなくていい。

そして楽しい時は
めいっぱい楽しんで、
いやなことがあったら
落ち込む。

そしてまたゼロに戻る。

以上、統合失調症者の
主張でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告