ヴァイオレットエヴァーガーデンさわりだけ・光輝感想

 
今期一番好きな作品
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

現在放送中の深夜アニメ、
ヴァイオレットエヴァーガーデン
(長いので以下ヴァイオレット)
の紹介です。

ネタバレなしでさわりだけ
というのも難しいので
短い文章になると思います。

ずっと軍人として生きてきた
ヴァイオレット。
腕を失くし義手になり
戦えなくなったヴァイオレットは、
自動書記人形(ドール)として
手紙の代筆の仕事を
することになる。

「愛してるを、知りたいのです」

第一話のヴァイオレットの
言葉です。
最初からいい雰囲気の
アニメだなあと見ていましたが、
この言葉で心を
わしづかみにされました。

元軍人、という設定ですが、
たぶん戦うお話では
ないと思います。

自動書記人形として、
ヴァイオレットの成長と
他の人たちとのふれあいの
話だと思います。

本当に人形みたいな
ヴァイオレットと、
中世風の美しい世界観に
魅了されました。
さすが京都アニメーション。

バトルものに
もういいんじゃない?という
気持ちが出てきた時なので、
こういう平和(でもないんだけど)
な話が新鮮です。

何かに似ていると感じたら、
世界名作劇場っぽいんですね。
なんとなく小公女セーラを
思い出しました。

ネットの人気を知りたくて
久しぶりに元2ちゃんねるを
みたけど、なんだか微妙な
雰囲気でした(-_-;)

でも自分の第一印象を
信じます。
ヴァイオレットエヴァーガーデンは
いい作品です!

ちょっとでも見る人が増えればと
この記事を書きました。

ええ、京都アニメーションの
まわし者です(笑)

少しでも興味がわいたら
ぜひ見てみてください。
一緒に美しい世界観に
魅了されましょう。

以上で頼まれてもいない
番宣は終了です⭐彡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告