アメリカ体験記・6/4 大自然の朝日とカジノの両極端の楽しさ・賭博注意

 
旅ももうすぐ終わりヤダー
 
 
スポンサーリンク

現在6/4夜10時。疲れと
カジノでぽわーんとしてるが
ブログのために書く。

グランドキャニオンの
日の出のために
朝4時半という
アホみたいな時間に出発。
3時に起きてネムネムで仕度。
しょうがないけど…。

昨日はモニュメントバレーでは
くもりで見れなかったが
今日は快晴。
こう書いていてもこれが
今日のこととは信じられない。
それくらい濃くて疲れた
旅だった。

バスで旅の終点ラスベガスへ。
バスは相変わらず睡眠タイム。

途中ルート66という道で
休憩。

いかにもなアメリカンな街で
今回一番のお気に入り。

そしてバスでまた寝て昼食。
食べ放題のバイキング。
なんでアメリカ料理はあんなに
味が濃いんだろう。

塩をかけたらめちゃくちゃ
しょっぱかった。
ファットマンばかり。
マジで早死にするぞ。

で、帰ってきましたラスベガス。
正直旅の最後にして
最高に楽しかった。

夕方に自由行動で
ベラージオホテルの噴水ショー。

必要なものをABCストアで
買って帰る。正直歩きすぎて
クタクタだったが
刺激的な街だ。
ストアでバットマンがいた(笑)。

…そして今回最大の目玉、
カジノで遊ぶ。
お金を使い果たすかめっちゃ
もうけるまでやると
決めていた。と言っても
たったの30ドル(小市民w)

なんかいきなりハチの
スロットマシンで2倍の
70ドルになってしまった。
そこでやめようかとも思ったが、
数千円のもうけ、始めて5分で
やめるのもつまらない。

10ドル減らしたら
他のスロットマシン、と
はしごした。
マシンによっては
1セント(1円)からできるのも
あるので、雰囲気だけ楽しむなら
1ドルでも充分。

結局じょじょに減らし
お金はすべてなくなった。
最初の大当たり以外は
小さい当たりばかりだった。

ガイドさん曰く、10ドルでも
当たったら、その日は
やめるのがコツだそうだ。
不思議なことに
その通りになった。
楽しむためだからNO問題。

俺がやったのは庶民向けの
ゲームセンターみたいなのだったが、
今度来たときは
ポーカーやルーレットなどの
本物を楽しみたい。
会話が理解できるくらいの
英語力を身につけなくては。

そんな感じで現在23時。
アメリカ旅行もほぼ終わった。
あとは帰るだけ。
無事に帰れることを祈る。

夜の街を歩きたい気もするが
ラスベガスはちょっと前に
銃乱射事件があったところ。
念のためホテルでもう寝る。
旅の終わりはさみしい。

ここでちょっと旅行のまとめ。

この旅で1800キロ、バスで
走ったらしい。
日本縦断くらい?

外国人はみんなフレンドリーで
Hi!とか言ってくると
思ってたけど、そうでもない。
エレベーターなどで無言も多数。
ちょっとした逆偏見?

とにかく広いアメリカ。
洋ゲーでオープンワールドが
流行るのも納得。

次回で8日間の日記は
終わり。もうすぐ帰国( ノД`)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告