ゲームとともに育った世代・夢創装置

 
夢のつまった機械
 
 
スポンサーリンク

この記事は2018/03以前に
作成したものです。
現在とは違う記述もあることを
ご了承ください。

Future is hope, maybe.
デルロットです。

以前僕の世代は
(2018年現在38歳)
ジャンプ黄金世代だと
言いましたが→こちら

同時にTVゲームの
歴史とともに育った
世代でもあります。

記憶がおぼろげな
幼稚園以前は、
カセットビジョンという
ファミコンより前の
ゲーム機で
遊んでいたようです。

そして伝説のゲーム機
ファミコン

初めての出会いは
幼稚園の時、友達の家で
ドラクエ1を
見た時だと思います。

洞窟の音楽など
おどろおどろしく、
敵なども怖い印象で、
不思議な世界だと
思いました。

初期のファミコンは、
当時から見てもチープで、
野球ゲームなど
音楽もなかったと
記憶しています。

でも、僕が小学生に
入るころには、
スーパーマリオなど、
いまやっても十分楽しめる
ソフトでいっぱいに
なりました。

なぜかウチはファミコンを
買ってもらえず、
友達の家で集まって、
ほとんど見る専門だったと
思います( ノД`)シクシク…
それでも充分面白かったけど。

ドラクエ2のラスト、
ロンダルキアの冒険は
見てるだけだったけど
ハラハラしました。
アトラスとか怖すぎ。

そして小学校三年くらい、
我が家にもついに
ゲーム機がやってきました!

PCエンジン!

って言ってもほとんどの人は
なにそれ?って感じかと。
ちょっとマニア向け
ですからね。

ファミコンより美しい
グラフィックで、
加トちゃんケンちゃん、
桃太郎伝説、妖怪道中記など
夢の世界へレッツゴー!って
感じでした。

特にハマったのは
PC原人で、難易度もユルく、
めずらしくアクションで
クリアできたゲームでした。

と、ここまで書いて、
ひとつひとつ書いてたら
キリがないことに
気づきました。

個別のゲームは他の機会に。

小中高と僕の年齢とともに
ゲームも進化していきます。
自分で言うのもなんだけど、
ゲーム好きとしては、
本当にいい時代に
生まれたと思います。

これからのゲーム事情は
どうなっていくんだろう。

とりあえずVRゲーム
発展していくと思います。
現実とバーチャルの融合。
SF世界ですね。

パソコンさえあれば
自分でゲームを作れる
時代にもなりました。
UNITYは無料で
ゲーム制作ができます。

注目がeスポーツですね。
プロゲーマーの
大会なんだけど、
いずれ大人気になって
サッカーのように
大々的に放送されるのを
夢見ています。

ピコピコドット絵時代から、
3D上質音楽時代へ。

ゲームの進化は、
まだまだ終わらない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告