第七章(3) 2011年、悪夢の大震災(前編)

 
妄想と逃避行

2008年にデイケアに入って
3年近くたった。
俺はもうその時には
ほとんどデイケアには
行かなくなっていた。

理由は今でも仲のいい、
米山さん(仮名)がデイケアを
去ったというのもある。

あとはやはりデイケアは
長くなると派閥みたいな
ものが出てくる。
これは人間の習性上
仕方ないのかもしれない。

色々ないさかいなどがあり、
俺にとってデイケアは
楽しい場所ではなくなった。

友達をひとりでも作るという
最初の目的も達成した。
俺の中ではデイケアは
卒業したという気持ちだった。

相変わらず鬱々とした
気分で過ごしていたが、
そんな悠長なことを言って
いられない大事件が起きた。

日本人なら誰でも知る
東日本大震災」。

俺の住んでるところでも
緊急アナウンスで
テロンテロン、テロンテロン♪
というトラウマになる
音が流れ、すぐに
震度5の地震が起きた。

俺はどこかに
しがみつかないと
立っていられない位の
地震に、恐怖した。
というのはウソで、
内心ちょっとワクワクした。

しかし、のちの大災害を
ニュース等で見ると、
やはり恐怖することになった。

大津波ももちろん大変だとは
思ったが、俺が一番
怖かったのは、
福島の原発だった。

正直、日本が終わると
本気で思った。
第二発電所?が
爆発したと報道されたとき
遠くへ逃げなきゃ、
と強く思った。

幸いデイケアで仲良くなった
人達や、俺の家族、親戚は
全員無事だった。
父は仕事で屋上の作業
だったらしく本人曰く、
本当に死ぬと思ったらしい。

テレビはずっと原発と
津波の放送ばかりになった。

やはり影響を受けたのは
あの悪名高い
2ちゃんねる。
こういう危機的状況の時、
人間の本性が現れる。

日本は終わりだー、とか
根拠のない憶測で
大丈夫だとかもうダメだとか
カオス状態だった。

「今原発の作業をしているものだが
塩水が乾燥してハッチが開かない!
もうどうしようもない!」

さすがにこんな妄言は信じないが
イタズラにしてはタチが悪い。

一番怖いというか、この人たち
ヤバイ、と思ったのは
当時人気だったアニメ、
「まどかマギカ」のスレだった。

こんな状況で、最終回
ちゃんとやるのかな、とか
放送中止なら震災恨む、とか
俺は狂気じみたものを感じた。

よくアニメ好きを信者とか
言うけどこれは比喩ではなく
本当なんだなと思った。
アニメ信仰。アニメ教。
俺もアニメは好きだが、
ここまでにはなれない。
なりたくない。

2ちゃんねる、テレビの影響で
恐怖に汚染された俺は、
広島へ逃げることにした。

夢の一つだった一人旅、
なかなかふんぎりが
つかなかったが、
まさかこんな時に
夢がかなうとは。皮肉だ。

悪夢の大震災
後編に続く。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告