15年つづくねむねむ病

 
とにかく眠いのです
 

Future is hope,maybe.
デルロットです。

うつだったり、気分が
悪い時は不眠症に
なる人が多いみたいだけど、
僕の場合は眠くてしょうがなく、
ねむねむ病、ようは
過眠症になります。

これは22歳の入院の後、
だから15年くらいの
つきあいになります。

長いと20時間は
寝ていた時もありました。
なぜかトイレで起きることも
なく、ただこんこんと
眠ってしまいます。

不眠症よりはましだと
思います。何もやる気が
起きず、ただ起きているだけ。
肉体的にも精神的にも
つらいと想像します。

ねむねむ病もけっこう
厄介です。
寝すぎで午後5時に
起きた時などかなりの
自己嫌悪におちいります。

起きていれば色々な
ことができたのに。
こんなのダメ人間の
典型じゃないか。
…といった感じです。

最近(2017年)は
だいぶなくなってきました。

仕事してるときも
寝坊して遅刻というのも
なかったです。でも、
休みの日に落ち込んで
5時まで寝ていた時は
ありました。

父が仕事から帰ってきて、
タバコのすいがらが
一本もない、と
驚いていました。
(ずっと寝てたから)

ちょっと自己分析すると、
なにか予定があれば、
することがあれば
起きれる。

暇があって落ち込んで
やる気がない時に
ねむねむ病になる。

なかなか厄介な症状ですが
用事があれば起きれる、
というのは救いがあると
おもいます。

僕は几帳面なので
人を待たせたり
遅刻するのは
嫌いなのです。

不眠症よりはまだいいので、
せめて10時間くらいまでの
睡眠をこころがけたいです。
(それでも多いけど)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告