学校で教えて欲しかったこと・不足教育

 
子供が知るべきこと
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

日記と記事の
フュージョン作戦、
三日目にしてはやくも
書くことがありません!

仕方がないのでちょっと前に
書いたブログネタを
載せます。

学校教育の話。
けっこううまく書けた気が
するけどどうですかね?

勝手な意見だけど少しでも
思うところがあったら
うれしいです。

それでは、スタートォ!


学校の教育、みなさんは
どう思いますか?

いろいろ不足していること、
逆に多すぎること、
十人十色で考え方が
あると思います。

なので僕個人の考えで、
大人になった今、学校で
教えてくれればよかったと
思うことを書いていきます。

まず、これがなければ
生活できない、ある意味
人生で一番お世話になるもの。

お金、ですね。僕は
小学生のうちにお金について
しっかり学ぶべきだと思います。

子供にお金の話をするなんて
言語道断だ!という人の声が
聞こえる気がします。

でも果たしてそうでしょうか。
お金についてしっかりした
知識、理解がなければ、
大人になってから、
困るんじゃないかと思います。

いい大学に入って、高収入の
会社に入れたとしても、
浪費グセがついていれば
もらった分だけすぐに
使ってしまうということに
なるかもしれません。

借金のメリットデメリット
知らないと、最悪の場合、
闇金ウシジマくんの世界
行ってしまいます。
(↑ホントに怖い((;゚Д゚)))

子供のうちにお金について知る、
僕個人はとても大切なことだと
思います。

とある陰謀論だと国民が
利口になると国が
やりづらくなるから
本当に役に立つことは
教えない、というのが
あります(笑)

それは置いておいて、僕が
もっともやって欲しかった
授業。それは

人生について。

それこそ子供には難しすぎる
と思うかもしれません。

でも頭が柔軟なこどもは、
大人が難しいと思うことも
逆に理解できる、という話を
聞いたことがあります。

何だかわからずに
いつの間にか意識があって、
与えられた環境で生きていく。
僕の子供の頃の人生観は
そんな感じでした。

人生とは、ということを
教えるのではなく、
人生について考える、という
時間が子供のころには
必要な気がします。

小学生一、二年のころに、
週に一時間でも
ディスカッション形式で
やるといい、と、勝手ながら
思っています。

今回の意見、ずいぶん
身勝手なものだと、
自覚はしています。

でも、お金、人生そのもの、
生きる上で2大テーマだと
思っています。

数学は役に立たない、よく
言われる言葉だけど、
僕はけっこう大切だと
思います。

ものごとを理路整然と
考えるための思考訓練、と
言えるのではないでしょうか。

以上、高校中退、学歴中卒の
デルロットの主張でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. kokoronotomo より:

    ブログの更新が止まってしまい、体調が心配です。
    プレッシャーがかかってしまったならすみません。
    デルロットさんの好きなハンターハンターの新作やB’zの曲を聴いたりして
    元気を出してまた更新してくれるとうれしいです。
    個人的にゲームの記事や小説の記事が面白くて好きでした。
    気長に待つので、更新してくれるとうれしいです。
    では。

    • デルロット より:

      kokoronotomoさん、こんにちは。
      僕はけっこう元気でやってます。
      ただ、思うところがあって
      ブログ更新をストップしました。
      次回更新は未定です。
      心配してくれてありがとう(^^♪