やっとうつからぬけだせた!・精神安定

 
うつの経緯、覚え書き
 

Future is hope,maybe.
デルロットです。

(僕の症状は、うつなのか
ただの落ち込みなのか
判別しづらいのですが、
便宜上うつと統一します。)

先月から一か月くらい、
うつの症状
が悪化していたのですが
だいぶよくなりました。

僕自身のための
備忘録的なのと、
似たような症状のひとの
参考になれば、と
書いてみます。

順を追って書いていきます。

まずなぜうつになったか?

自分なりに分析した結果、
僕が鬱になる時は、
人間関係ややっていること、

以前は音楽など、
今は株、ブログ、スポーツジムと
すべてうまくいかなくて、
イライラと落ち込みを
繰り返しました。

あとは日々のマンネリ化。
刺激がなくなると
なる気がします。

前回のうつはスポーツジムに
通い始めたらおさまったので
たぶん退屈というのも
原因のひとつかと。

それでやる気がなくなり
眠る時間が増えました。
起きる時間が朝十時、十二時、
午後二時とだんだん遅くなり、
それによる自己嫌悪で
さらに落ち込む。

いつものパターンですが、
まさに負のスパイラル

好循環と悪循環

物事には好循環と
悪循環があります。
バイオリズムのようなもの
かもしれません。

いいことが続くと、
調子もよくなり、
顔つきも明るくなり、
(僕的にはあまり
信じてないけど)
運がよくなる
時があります。

これが好循環。
内側から外側へ
グルグルうずをまく
感じでしょうか。

悪循環はこの逆。
大体わかると思うので、
説明はいらないかと。

うずが外側から内側へ、
悪いほうへ行く感じです。

世の中とは不思議なもので、
全く関係ないことでも
悪いことが続く時が
あります。

皆さんも経験したことが
あるのではないでしょうか?

悪循環の時はもう仕方ない。
景気のデフレのようなもので
景気回復まで待つしかない、
と今回思いました。

ただ、この悪い状態が
ずっと続くことはない
この考えは大事だと思います。

どうしたら改善した?

まずきっかけはネットで
とある文章を見ました。

自分を救うのは自分だけ。

ヤボなツッコミが
出そうですがしないで、

この文章で、僕はやたら
ネット情報などに頼らず、
自分のことは自分で
考えよう、と
今回やったように
自己分析をしました。

そして一番よかったのが
ムリして起きるのをやめて、
ブログもさぼって、好きなだけ
寝てしまおう、という
作戦でした。

ドクターには生活のリズムを
改善しろ、と言われたけど
自己判断でそうしました。

コンコンと思いきり寝て、
起きている時間も何時間か
あったけど、あとで計算したら
合計26時間も寝てしまいました。
(アホですわ)

でもこれが功を奏し、
ああそうか、やることさえ
やれば、眠かったら
好きなだけ寝ればいいんだと
意識が変わりました。

そう考えると、あまのじゃくな
僕のこころとからだ、
あんなに眠くてずっと
うつだったのに、
逆に眠らなくなり、
活力も戻ってきました。

めでたしめでたし。

今回のうつのてんまつは
こんな感じです。

今回一番迷惑かけたのと
感謝すべきは
やはり父の存在です。

きつく当たったり
つらいつらいと
わめいていた僕を
時に怒ったりしても
見守ってくれました。

ドクターにもまた
「この世の終わりのような
顔をしてた」と
笑われるかな?(笑)

ハッピーエンドっぽいけど
たぶん僕は似たようなことを
これからも何度も
繰り返すと思います。経験上。

それでもちょっとずつ
前に進んでると信じて
統合失調症とつきあって
行こうと思います。

今回の教訓は
自分のことを自分で考えること。
難しいけどマイペースで
やっていきます。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告