大竹まことに感じる親の愛・辛口愛情

 
昔は毒舌だったんですよ
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

大竹まことの娘の
不祥事の話。

大竹まことって、今の
若い人は知ってますかね。

かなりの辛口、毒舌トーク
の人でした。
たけしのテレビタックル
などでビシバシきついことを
言ってました(笑)
今もそうなのかな?

今回の娘の不祥事、
僕のイメージだと
知ったこっちゃねえ、
娘は娘だ、など
言いそうだったけど
誠実に対応していました。

大竹まことも歳をとったなあ、
という見方もできますが、
僕はそんな大竹まことに
父親としての愛情を
感じました。

会見でも言っていた、
仕事が忙しく、大事な時に
見てやれなかった、
その後悔が今回の会見の
理由なのかな、と思いました。

僕はこの歳になっても(笑)
子供がいません。
だから親としての気持ちは
わかりません。

僕が娘や息子を持ったら
どう接するんだろう、
未知の世界です。

大竹まことは
娘のプライベートの事情を
話したくない、という
ことを言って少し議論に
なってますね。

そういうところでも
愛を感じます。

会見をして、娘の今後が
辛くなるのを少しでも
やわらげようと、
盾になっているように
感じました。

親としての愛情。僕が
それを与える日は果たして
来るのでしょうか(´・ω・`)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告