自己を見つめなおして愕然・成長鈍磨

 
結局何も変わってない。
 

スポンサーリンク

Future is hope,maybe.
デルロットです。

けっこう前のことですが
自分について
見つめなおしたり
しました。

結果、自分としては
恐ろしい現実に
気づいてしまいました。

十代、二十代前半の時、
自分は歌手になり
楽しい人生を
おくるんだと
信じていました。

むりやり信じて
現実から目をそらして
いた感じですが。

そして現在、いまさら
正社員などふつうの
人生を送ろうとしても
統合失調症、うまく
いくはずがないと

ネットビジネス、
投資などで成功する、
と夢を見ている。

何も成長していない!

歌手から投資類に
変わっただけで
ようは一攫千金を
夢見てる、
冴えないおっさんに
なっていました。

これは自分自身に
言い過ぎのような
気もしますが、
でも根っこの部分は
昔と変わらないと
感じました。

ただの思い込みだと
いいんだけど、
当たらずとも遠からず
と言った感じかと。

夢を見る特権を持つ
若者ならまだしも、
もうすぐ38歳の人。

唯一の救いは
肉体労働ができればと、
ジムに通っていること。

これは生命線だぞー。
これやんなくなったら
落伍者の烙印が
おでこについちゃうぞー。

ま、意見がころころ変わる
僕なので、別にいいじゃん、
となるやもしれません。

落伍者でもいいじゃん、
好きにやればいいじゃん、
と思えれば少しは
楽なんですけどね。

スポーツジムが生命線。
手放しちゃダメ!

諸事情でうつの時に
書いただいぶ前の
記事を載せました。
今は考え方がだいぶ
変わっています。
申し訳ありません<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告