なんだかんだ愛すべき親父の話・後編露伴

 
父は俺を見捨てない
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

父の話、後編です。
ここ数年の話です。

最近の父の態度で
イラっとするのは
僕が元気になってくると、
逆に冷たくなることです。

気分よく歌っていると
うるせえ!と
怒鳴ってきます。

僕はB’zが好きなので
よく歌うんですが
父は好きじゃないらしく。

数回なら冗談っぽく
できるけど、それが
続くとこっちも
頭に来ます。

こっちもキレて、
「俺が調子悪くて
黙ってる方がいいのかよ!」
床を足でバンバン蹴ります。
(じだんだ?)
でも暴力をふるったことは
ありません。それは絶対に
やってはいけないことだから。

頼りになる所ももちろん
あります。僕が五回目の
入院から退院した時、
(最後の入院だといいなあ)

僕は散歩することすら
怖くなって、何もできない
状態になりました。
ガマンできずに仕事中の
父に電話すると、

父は上の人と相談して
早退して帰ってきて
くれました。

それを何度か繰り返しました。

僕の状態を上に話して
なんとか便宜を図って
もらったようです。

上の人もいい人だけど
やっぱり感謝すべきは
父です。

僕は申し訳なく思い、
少しずつでも
よくなろうと努めました。

今から数年前、施設で
うまくいかないとき、
父に言ってはいけないことを
言ってしまいました。

俺が死んでもどうせ
保険金でウハウハなんだろ!
病気とは言え、
恩を仇で返すような言葉を
言ってしまいました。

父は少しドスのきいた声で
二度というなよ、
と言いました。

怖くはなかったけど、ああ、
なんというか、
大事にされてるんだと
感じました。

最近では父は僕が
アドバイスをちゃんと
聞かない、と
不満をこぼしています。

ついつい流して
聞いてしまうんですよね。

今の今は人生の大先輩として
ちゃんと聞こうと思ってます。
親しき中にも礼儀あり。

まあ父の話はこのぐらい
ですかね。

他にもいっぱい
あるような ないような。

なんだかんだケンカも
多いけど、父には
大変感謝しています。

母には残念ながら
親孝行ができなかったけど、
父には恩を返したいと
思っています。

この間ビールを1ケース
あげたけどこのぐらいじゃ
ダメですよね。

うまくいかない人生だけど、
父や母、兄と家族には
恵まれたと思います。

ごめんなさい。だけど
ありがとう。😊

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告