桃太郎伝説2のネタバレ感想 2・郷愁時代

 
ろっかっくーん!
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

桃太郎伝説2は僕にとって
最高のテレビゲームです。

ドラクエ・FFなども
好きだけど、有名すぎて
みんなのもの、って感じ
なので、やっぱり桃伝2です。

僕の感想記事は
ダイジェスト的に
なってしまうので、
じっくり腰を据えて
くわしく書いていきたいです。

一番好きなゲームですから。

何回かに分けて、
書いていきます。

古いゲームですので
新規でやる人は
いないと思いますが
念のためネタバレ空白です。

変なのが来るぞー

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

桃太郎伝説が
けっこう好きだという人も
桃伝2はやったことがない
人も多いかもしれません。

このゲームはファミコンで
出たのではなく、
PCエンジンというちょっと
マニア向けのゲーム機で
出たソフトです。

SFCで出た新桃太郎伝説は
この2をアレンジした感じの
兄弟的な関係です。

新桃は今までのユルイ感じの
ゲームのつもりでやると、
シリアスさにちょっと
トラウマに
なるかもしれません((;゚Д゚))

桃伝2、僕が小学生のころだから
何年前だろう?
30年近く前かもしれません。
マジかよ!?∑(゚□゚;)

時の流れに涙します(ノД`)

見どころ、というか魅力的な
ところをザックリ書くと、

ドラクエとかだと
タブーになっている、
仲間が最大13人くらいになって
マップを歩くとずらーっと
縦に並んで歩きます。
地蔵や う〇ちも
仲間になりますw

実際戦うのは4人なんだけど。

こういう遊び心が
このゲームの真骨頂だと
思います。

後半になるとこれまで
苦しめられたボスキャラ、
夜叉姫、あしゅら、
風神、雷神、そして前作の
ラスボス、エンマ大王すら
仲間になります!

少年ジャンプ的で
カッコイイです!

ドラクエでいう呪文、
術を覚えていくのですが、
レベルアップで
覚えるのではなく、
仙人との修行で
覚えていきます。

その修業がやっかいで、
仙人と戦って勝つ、
知恵比べで勝つ、
理不尽な要求にこたえるなど
バラエティ豊かです。

最初に回復の術の、
きんたん仙人と戦うのですが、
これがなかなか強い。

うろ覚えですが、段(レベル)を
3段、きびだんごを
たくさん買わなければ
倒せません。

回復の術の仙人なので、
なんどもきんたんで
回復します。やっかいです。

ろっかくという術があります。
これはものすごい技で、
ドラクエでいう会心の一撃が
敵全員に当たるというもの。

燃費が激しいので何度も
打てないのですが。

ろっかっくーん!と言って
出す技は効果音も気持ちよく、
ほとんどの敵が一発で
倒せるので、
一番好きな技です。

仙人の庵(いおり)では
体力と技(MP)が回復できるので、
庵の近くで敵と戦い、
ろっかくで敵を倒し、
技がなくなったら庵へ行き、
回復したらまた戦う。
そしてレベルアップ!

このろっかく狩りが
定番でした。

今日はこんな感じですかね。
キャラクターの魅力とか
まだ書くことが
ある気がするので
いずれ記事にすると思います。

マイナーなゲームなので
見る人少ない気がするけど、

ここまで読んでくれた人、
大感謝です!<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告