妄想録・1

 
妄想も厄介だ。

どうも、デルロットです。
原因不明のうつに悩まされています。

今まで書いてなかったかもしれませんが、
僕の統合失調症の症状は主に妄想です。

誇大妄想、被害妄想、加害妄想などが
多くを占め、幻聴、幻覚などの
症状は最初の入院以来ありません。

幻覚の症状だと机や壁に
大きな目が見えたりするらしいです。
想像するだけで怖いですね。

今までの僕の妄想を書いていきます。
本編とかぶる部分があるかもしれません。

・自分が人生の主人公だと思い込んだ
 究極の自己中。世界は自分中心に
 できていると。引きこもっていたせいで
 他人と接触しなかったからかと。

・マンガのはじめの一歩でキャラがおびえていた
 マンガの世界が本当にあり、
 キャラクターがマンガの世界の住人だと
 気づいてしまうという妄想。マンガの世界に
 閉じ込められて苦しんでいると
 思い込んでいました。

・マンガを途中で読み返したら死
 ハンターハンターというマンガで
 最初のページにアナウンスされている
 描写がありました。そこで
 「読者の皆さん、絶対にこの漫画の
 ページを読み返さないでください。
 どうなっても知りませんよ」と
 書いてあるように見えた。
 恐ろしくて絶対に読み返さないように努めた。

ここら辺は幻覚じゃないか?と
思われるかもしれませんが
当時僕はメガネをかけていて
一か月の拘束で本を読む機会がなくて
度数が合わなくなっていました。
だから文字や絵ががぼやけて、それプラス妄想で
思い込んでいたんだと思います。

妄想はまだまだあります。何度かに分けて
書いていきたいと思います。

(アブナイ人だと思わないで~
今ではだいぶまともになったので~)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 世界の中心でした より:

    私も元世界の中心でした。世界の中心では苦労させられました。世界の中心歴のせいで大分損害を被りました。後悔していることは世界の中心をやって満足できるレガシーを残せなかったことです。ずいぶんひどい目にあったな。

    • デルロット より:

      コメントありがとうございます。人は自分視点でしかものを見れないので
      ある意味この状態は仕方ないかもしれませんね。
      他人の存在を受け入れるのもそれはそれでしんどいんですが…