精神病という名前の悪印象・漠然恐怖

 
昔から怖かった。
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

精神病という言葉、
みなさんはどういう印象を
持つでしょうか。

僕は自分がそうなる前、
得体の知れない、
頭がおかしくなるような、
怖い印象がありました。

漢字の中に神、という字が
あるせいでしょうか。
神が病む、やっぱり
怖いです。

心の病、と言えば少し
悪印象がうすれます。

一時期は廃人のようだった僕。
長い闘病生活の末、なんとか
ブログを更新できるくらいには
改善されてきました。

おかしなことをたまに(?)
言うことは自覚してますが、
文章自体はけっこうまともに
書けていると自分では
思ってます。どうかな?

精神病、という名称は、
偏見とか差別をこえた、
生理的嫌悪感を
僕的には感じます。
嫌悪感、というより
恐怖感、ですかね。

統合失調症はかつて、
精神分裂症と
呼ばれてました。

この名前も怖いですね。
精神が分裂?
どういう状態?

心の病にかかってしまった
僕自身の意見としては、

症状が重い状態だと、確かに
異質な部分があります。

でも、長い間治療して、
回復してきたら、見た目では
わからないくらいになります。

僕の知り合いでも、
統合失調症を乗り越え、
やり手のビジネスマンといった
印象の人がいます。

だから心の病を隠すことも
できるけど、僕の理想としては
病気をオープンにしても
受け入れられる社会に
なるといいなと思います。

差別ではなく区別
なかなか難しいとは
おもいますが。

以上、統合失調症者の
意見でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告