精神病院で出会った人たち 1・異次元扉

 
世にも奇妙な人ばかり
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

統合失調症に関する記事が
最近ないなあと思い
書いてみました。

僕は過去5回、
精神病院に
入院しました。

僕自身もそうだけど、
変わった人、異質な人も
いっぱいいました。

今回はそんな中で会った
人たちの話をします。

何回かに分けて
書こうかな?

その2はこちら
その3はこちら

まず一回目の入院のとき、
18歳の時のことです。

僕自身の精神状態が
おかしかったせいか、
世紀末、1999年
ノストラダムスの大予言の
直前の影響か、

そういうご時世だったのか
特に異質なものを
感じました。

長年はみがきをほとんど
していないのか、
歯が半分以上抜けてて、
「歯が、歯がぁ」
など言って、抜けそうな
歯をグラグラ指で
揺らしている人がいました。

ひかえめに言って、
いい気分はしませんでした。

老人二人が近づいてきて、
僕に向かって
お前、まだ気づいて
ねえのかよ!
「気づいてねえのかよ!」
と、怒りながら
言ってきました。

僕は怖いというか
わけがわからないというか
不気味に思って、
何も言えずうつむきました。

看護師の人が
「この人たち頭おかしいから」
とその人たちを連れて行って
去りました。

あとは相部屋で、
よくしゃべる、というのも
度を越してしゃべる
30代の人もいました。

ほっといたら一日中
しゃべってるんじゃないかと
思うくらいでした。

一方的にしゃべって
会話にならないので
僕は本当に頭が
痛くなりました。

相部屋で思い出したけど、
何もしゃべってないのに
僕にうるさい、と言ってくる
人がいました。

確かに僕は頭の中で色々
考えてベラベラ
しゃべっている
感じだったので
心の声が聞こえてたのかな?と
思いました。

精神病だと感受性が
おそろしく高い人がいるので
そういうことも
あるかも、と
今でも少し思っています。

とりあえずこんな感じです。

他にもすごい
インパクトの人が
いたのでまた後日…。
(ちょっと、いやかなり
 怖いかも…。)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告