青春の音楽・B’z 槇原敬之

 
魂が震える歌
 

Future is hope,maybe.
デルロットです。

中学一年の時から、
音楽にハマりました(JPOP)。

その頃(1990年代)は
JPOP全盛期で
僕のクラスでも
WANDS、ZARD,
T-BORAN、XJAPAN、
小室ファミリーなど
どの歌が好きかで
盛り上がりました。

その頃僕が一番好きだった
アーティストが
槇原敬之でした。

今思うとその頃の槇原敬之は
神がかっていました。

どんなときも。
もう恋なんてしない
を筆頭に初期アルバム三部作
は超傑作だと思います。
遠く遠くは現在の
CMでも使われているので
知っている人も多いかと。

まあ高校時代 僕の
暗黒時代に入ると
情熱もうすれ
槇原敬之は心から
離れていきました。

いけないお薬事件でも
そんなに衝撃を受けた
記憶はありません。

そんなJPOP全盛期を経て
僕が今でも大好きな
アーティストがいます。

ウルトラソウ! ハイ!で有名な
B’zです。今でも
昔の歌をiPodで
よく聴きます。
いまだ色あせない名曲たちです。

Brotherhoodはひとつの
アルバムとして個人的に
最高傑作だと思ってます。

そんなB’zが
待望のニューアルバム
DINOSAUR 」を
発売しました!
ダイナソー(恐竜)と
読むみたいです。

聴いてみると
恐竜というタイトルだから
超激しい曲ばかりだと
思ったけど
思ったよりは
おとなしめでした。

…と宣伝をしたところで
今回は締めとさせて
いただきます。

大のB’zファンなので
たびたび記事を書こうかなと
思っています。

(統合失調症と何も
関係ないですね。
よく考えて、改善して
いきたいと思っています。)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告