ドラゴンボールは青春だった。

 
悟空は最強ヒーロー!
 

Future is hope,maybe.
デルロットです。

今日は30年?経っても
人気がある、僕が
一番好きなマンガ、
ドラゴンボールのお話です。

例によって
ネタバレ回避の空白です。
空白と言いつつ
変なのがいますが。

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

僕が好きなのは
「マンガの」
ドラゴンボールです。

アニメのZやらGTやら
今やってる超は
あまり好きじゃないです。
Zはまだいいけど
超はホントにもう
やめてほしいです。

とりあえず超に
一番言いたいこと。

トランクスの世界
スーパードラゴンボールで
直してやれよ!!

…気を取り直して
「本家」ドラゴンボールの
話です。

今僕は37歳(2017年)ですが、
この時期に生まれて
よかったと思うことの
ひとつが
ドラゴンボールの存在です。
いや、大げさじゃなく。

ドラゴンボールの連載を
リアルタイムで見れたのは
本当に運のいいことだと
思っています。

初期のチビ悟空のときは
そこまで面白い
というほどでは
なかったけど

クリリンの死の所から
俄然緊迫感が高まります。

僕の持論なんですが、
物語はちょっと退屈な
日常パートがあるから
(キャラに愛着がわくから)
のちのシリアス展開が
面白くなると
思っています。

圧倒的に強い
ピッコロ大魔王、
それを苦難の末倒す悟空。
何というか、カタルシスが
すごいんですよね。

そして天下一武道会で
生まれ変わったピッコロを
倒し、初の優勝。
かわいい嫁さんもゲットし、
物語は一区切り。

僕としてはここで
終わってたら物語としては
名作だけど、今ほどの
人気は出なかったと思います。
皮肉なもんだなあと。

でも、そこから五年後の
アニメでいうZの頃が
一番面白かったのも確か。

ここから名シーンダイジェスト。

尻尾の生えてる悟空は
実は宇宙人サイヤ人だった。

兄ラディッツとの死闘で
死んでしまう悟空。

ナッパとの戦い。次々と
殺されていく仲間たち。

悟飯の盾となり最後に
優しさを見せ、
犠牲になるピッコロ。
(↑ここ一番好きです!)

そんな強敵ナッパを
生き返った悟空が
圧倒する。

と思ったらそのナッパ
より強いベジータが
悟空を苦しめる。

と、文章だけだと
味気ないかもしれないけど
当時の子供たちの間では
ドラゴンボールの話で
もちきりでした。

なんというか、物語の
見せ方がすごいんですよね。

今の時代、ネタが尽きたのか
いい意味で期待を裏切る
話ってなかなか
ないんですよね。

今だと時間移動ものが
流行りすぎて
オタクの僕には
もういいよ、って感じです。

バトルものは
ドラゴンボールでネタを
使い果たしたような
気がします。
(あとは能力系のジョジョ)

ハンターハンター
面白いと思うけど。
DBとジョジョの
いいとこどりといった感じ。
(これもいつか記事にします)

さて、物語はフリーザ編、
人造人間編、魔人ブウ編と
かなり長く続きます。

僕としてはさすがに
フリーザ編で終わってれば…
と思います。この意見は
よく見かけますね。

その後も面白いんだけど
さすがにネタ切れ感が
ただよってました。

レッドリボン軍の時の
人造人間が
敵になった時は
子供ながらに僕は
ああ、鳥山明
ネタに困ってるんだなあと
思いました(笑)

1990年代のジャンプは
人気があると作者が
やめたくてもやめさせて
もらえない風潮
だったそうです。

でも、だからこその緊迫感、
迫力だった気がします。

その頃のジャンプの面白さは
他の記事に書くとして、

ドラゴンボールは僕の
子供時代の大切な
思い出だ、
ということで
締めさせていただきます。

まだぜんぜん語り足りない
気がするので
また記事にするかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告