陰性症状からの脱出!(後編)

 
運動と人間関係
 

引き続き陰性症状に
ついて書いていきます。

やはり一番難しいのは
人間関係だと思います。
健常者の方でも
難しいと思う人付き合い、
統合失調症者は人一倍
繊細なので
傷つきやすかったりします。

こればかりは巡り合わせと
経験をつむ
以外ないと思います。

実際僕も人間関係には
さんざん苦労して
現在進行形で悩んでいます。

人間関係の鬱でドクターに
一か月何もしないで
休みなさいと
言われたこともありました。

難しいけど生きていく上で
人間関係は
避けては通れません。
いい巡り合わせも
あるはずなので
じっくりやっていきましょう。

まああとは結局本人の気持ち
一番大切だと思います。
本人がやる気がないのに
デイケアやアルバイトを
無理にさせても長続きしません。

周りの方は無理強いせず、
かといって
放任せず、ほどよい距離感で
接してほしいと思います。

あ、あと運動をするのは
とてもいいことだと思います。

僕の場合まずは
散歩から初めて
慣れてきたら
ちょっとだけ走って、
それを徐々に増やしていって、
3キロくらいを
完走できるようになって
10キロマラソンに
出ることもできました。
これは2年くらいかけた
成果です。

継続は力ということなんですが
それが難しいんですよね。
無理なく怠けずが
続けるコツだと思います。

たまにはサボっちゃえー
とかいつもより
少なくしよう、くらいの
気持ちの方が
長続きする気がします。

まだ若い統合失調症者の方は
なるべく早くよくなって
恋愛や遊びや仕事、勉強と
楽しめるようになれると
いいですね。

以上、デルロットの
アドバイスでした☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告