コインチェック大事件・仮想通貨

 
仮想通貨の行く末は
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

コインチェックという
仮想通貨取引所で
580億円分の仮想通貨
NEMがハッキングで
盗まれたという事件が
起きました。

(NEMとXEM、呼び方が
二つあるのですが、
紛らわしいのでNEMに
統一します。
あと、本当はハッキングではなく
クラッキングです。)

僕は専門家でなく一般人なので
素人目線で書いてみます。

こちらのサイトを
参考にしました。
詳しく知りたい方はどうぞ。

コインチェック事件は全額返金で一転解決!?消えた580億円分の仮想通貨NEMどうなる?

僕はちょっと前に
2018年はビットコイン関係で
色々ありそうと書きました。
で、早くもこういう不祥事。

予想が当たった!俺スゲー!
などというつもりはないです。
ある程度知ってたら
誰だって思います。

今現在はコインチェックが
利用者に損害分のNEMを
日本円で払うということで
事態はいったん収まった
ようです。

でもコインチェックにとって
一番痛いのは損害分の
お金を払うことより、
今回のことで信用をなくし
利用者が減ることだと
思います。

出川哲朗をCMに出して、
これからという時に
この不祥事、ま、
セキュリティをおろそかにした
ための自業自得ですかね。

明日のニュースで大きく
取り上げられるかと思います。

今後も仮想通貨関連でまだ
いろいろありそうです。

ところで、ビットコインで
買い物などができるように
なる、というけど、
こんなに価値が上下する
ものでお金として機能するのか
疑問です。

お金のあり方が変わるという
意見もありますが、
まだまだ福沢諭吉さんは
活躍すると思います。

投資関連で面白い記事を
見つけました。

祖母(80)が仮想通貨ビットコインの話しだしたので全力でデタラメ言って止めた

靴磨きの少年の話が
ためになりました。
まさに最近の
ビットコインバブルの
ことですね。

投資についてはまだまだ
始めたばかりの素人なので
大したことを書けなくて
すいません。<(_ _)>

いつか達人になって
ライターのように秀逸な
記事を書きたいですね。

精進です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告