「あこがれ」は時に人の成長をはばむ・心酔琢磨

 
カリスマという存在
 
 
スポンサーリンク

Future is hope, maybe.
デルロットです。

皆さんには「あこがれる
人はいるでしょうか?

あこがれてあの人みたいに
なりたい。と思うなら
その人に少しでも
近づいていけるんですが

あまりに崇拝すると
(カリスマってやつですね)
この人には絶対
追いつけない。
雲の上の存在だ。
と、近づこうともしない。

僕の場合、マンガや
アニメなどのイラスト、
XJAPANのYoshikiや
Toshiなどがそうでした。

マンガは大好きだったけど
学生時代真面目に
絵を模写したりマンガを
描いたりはしませんでした。

恐れ多いと。

アニメなんてもう
選ばれたものにしか
描けないと、
真似しようとも
思いませんでした。

感性豊かな10代、
そのころにものまねでも
いいから絵を描いて
いたら、今、少しは
見られる絵を
描けたかな、と
思います。

あこがれることは
その人のようになりたい、と
努力するケースもあるけど、

カリスマだと思って
近づくのも恐れ多いという
場合もあります。

37歳(2018年)の僕も、
遅いかもしれないけど
何かやりたいと
思っています。

めっちゃうまく
絵を描きたいです。

すごく
楽しいんだろうなあ。

落ちこぼれでも
必死で努力すれば
エリートを
超えられるかもよ。

悟空の言葉を
思い出します。

とにかく長く短い人生。
何か成果を残したいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 

↑ポチっとおせば勇気の心↑
 たいへん励みになります☆
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告